交通事故-本当に人ごと?

交通事故21

スピードを出しすぎた、ブレーキを踏むのが遅れた、そういった良いわけは、あとでもすることができますが、後悔は、その結果を招いてからしかおこなうことが出来ません。

本来はもっと気を付けていれば後悔しなくても済んだのに…そう思っても、後の祭りであることがあります。私達は成功だけでは無く、失敗から学ぶということもできます。

しかし、失敗してからでは、遅いということが多くあります。一度くらいなら失敗しても大丈夫…そう言えないことがあることを、自覚していなければなりません。その、『一度も失敗できない』はずの事柄には、どのようなことがあるのでしょうか。

そのひとつに、『交通事故』…それも、誰かを巻き込んでしまう、人身事故というものがあります。車は、誤った使い方をすれば、充分に殺傷能力のあるものへと変化してしまうことは、誰もが理解しておられるでしょう。

しかし、本当に自分にそういった事態が訪れるかもしれない、ということは、あまり多くの人は考えていません。自分は大丈夫、とたかをくくってしまうのです。交通事故を一度起こしてしまうと、それに伴う賠償や責任の取り方について、様々な問題があります。関連情報|弁護士法人アディーレ法律事務所:交通事故 示談

被害者がいるということは必ず加害者がいますし、事故はそれを引き起こした側が、怪我をしてしまったりさせてしまった方に対して、直接的に賠償を行う必要があります。これは、私達には誰も例外はありません。だからこそ、安全ということには必要以上の注意を払う必要があるのです。

(取れない責任もある?)